読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっきんで鈴木良雄

歯科医療の技術が進んでいる諸外国での歯科矯正は、日本よりも費用が安くて済むのかというと、そんなことはないというのが結論です。

例として、アメリカ合衆国で矯正をうけるとすると、多くの場合、保険が適用されないと聞きます。皆さん知っての通り、歯科矯正は半年から1年以上かけて行っていくものです。頻繁に通院して、こまめにワイヤーやブラケットの調整が必要になります。
この点、アメリカの歯科医院では日本ほど小まめなケアは望めないので、日本国内で治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)をうけるのが最もよいでしょう。

顎の形などが気になる人は、ひょっとしたら、歯列が骨格の形に影響しているのかも知れません。上顎が前に突き出た「出っ歯」や、下顎が突き出た「うけ口」では、矯正によって歯並びが治り、それに加えて顔の形も小顔になるという嬉しい話もあります。咬合(かみ合わせ)を治すことで、正しく食べ物を噛めますし、奥歯を噛み締めて力を入れることが当たり前にできるようになりますから、まさに良いことずくめといえます。歯のケアにあたり、私はホワイトニングしか行ってきませんでした。歯が白ければ健康だというイメージがあったためです。

ですが、正直言って逆効果でした。表面的には白くなりましたが、歯自体は逆に弱ってしまったのです。


歯茎を丈夫に保つ方向には意識が向いていなかったのです。他をケアしないでホワイトニングを掛けつづけてしまったため、歯の土台である歯茎の部分が弱ってしまい、冷え(冷えを改善するためには、口に入れるもの、つまり、食生活と生活習慣を見直す必要があります)た飲み物などを口にした際に、強烈にしみてしまうので、困っています。あと今更ながら、歯列矯正も歯科に相談しておけばよかったです。
歯並びの良い人はそれだけで見栄えが良く印象がだいぶん変わります。
http://jfyncremztaiwodnmidebx2d.hatenablog.com/

そのためにも、小さいころから歯科矯正で歯列をきれいにすることがおススメです。まだ歯が抜ける前から矯正すれば、おとなの歯になった段階で歯列がきれいで整った口元になります。

将来的な歯の健康を考えてみても子どもにの歯科矯正をうけさせたい方は、早めに決断した方がよいでしょう。


矯正をうけている最中に、周りの人から口臭を指摘されるという話をよく耳にします。ワイヤーやブラケットの合間に食べ物が挟まってしまうのですね。
いわば矯正中にのみ生じるものなので、それほど気にしなくていいとも思えますが、周りの人からあらぬイメージをもたれるのもイヤですよね。

歯列矯正をしている最中には、食事ごとの丁寧な歯磨きに注意するのがいいと思います。

ホワイトニングを利用すれば、気になる歯の黄ばみを解消することが出来るのです。
しかし、ホワイトニングの維持期間にも限界があります。



施術から数ヶ月間は白さが持続しますが、一時的に歯の表面を白くしただけで、食事や喫煙などの習慣は変わりませんから、歯医者さんでおこなうオフィスホワイトニングなら、半年程度しか効果は続きません。これに対して、歯科矯正は、一度終われば、その後の再施術の必要性は考慮に入れなくてもいいでしょう。
以前にくらべて歯科矯正をしている方も増えてきていますから、歯並びの治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)に興味を持つ方も増えているのではないでしょうか。しかし、歯科矯正における気を付けなければいけないこともありますから、いま歯科矯正をお考えの方はぜひ目をとおしてみて下さいね。本来の歯並びを矯正器具を使って動かして歯並びを良くするりゆうですよね。



ですので歯や歯茎に負荷を与えていることになります。

完璧な歯並びになる為、痛みや違和感を抑えて中断はぜったいしない、などと勝手に思い込まないように注意して下さい。

痛みや違和感を我慢していては逆効果になってしまいます。

歯を手軽に綺麗にできるホワイトニング。


その方法には、通院してうけるオフィスホワイトニングの他、ホームホワイトニングといって、自宅でマウスピースと薬液を使っておこなえるものもありますが、薬剤が弱かったり、正しい仕方でマウスピースを装着できていない場合などは、期待したほど白くならずに終わるという可能性もあります。

また、歯列矯正の施術をうけている最中は、歯のホワイトニングをおこなうことができないと思われがちですが、歯科で方法を工夫することにより、矯正と同時にホワイトニングを進めることもできます。